マーダーミステリー専門店 apri la porta(アプリラポルタ) - 広島市の中心で気軽にマダミスを!

暮色迫る時

残り0名様

日時

2024年5月12日    
10:00 - 14:30

料金

予約を終了しました
現在7名/7名中

【ふくぶくろ様による出張公演です】

『2つで1つ。遊び方は無限大に広がる、
クロッシング×マーダーミステリー』

異なる2シナリオをどちらも遊ぶことで展開が変わる。
それがクロッシング×マーダーミステリー。

前のシナリオで得た記憶、アイテム、キャラクターシートの内容などを次の物語に引き継ぐことが可能。

どちらを先に遊ぶか、どのキャラクターを担当するかでストーリーは無限に分岐する。

▼あらすじ
【闇に呑まれる、その前に】

時は23世紀。人々はAIとの共存により、社会平和を維持してきた。

社会のほとんどは、ネットワークを介したマザーコンピュータ『アダム』の助けもあり、円滑に運営されていた。そのマザーコンピュータを管理・運用するのは日本各地から集められた優秀な研究者たちであり、彼らもまたAIとともに研究を推し進めている。

そんな世界である時、未曾有の大事態が起こる。マザーコンピュータ『アダム』に、コンピュータウイルスが侵入、感染してしまったのだ。

このままでは、文字通り社会は闇に呑まれてしまう。暮色迫る時、研究者とAIはこの事態を解決出来るのだろうか。


『暮色迫る時/AIは笑う』

こちらは『AI』として”電脳世界”で事件解決に挑んでいただくシナリオです。

ゲーム終了後、『研究者は笑わない』に持っていくアイテムや情報を1つだけ選ぶことができます。

『研究者は 笑わない』の経験者が何らかのアイテムや情報をこの『AIは笑う』に持ち込んでいた場合、それによってシナリオが良い方向にも悪い方向にも変化する可能性があります。

マザーコンピュータが壊れた時、それは同時にAIたちの死も意味します。よき友人たる人間たちのためにも、そして自分たちの生存のためにも、事態解決に挑んでください。

『暮色迫る時/研究者は笑わない』

こちらは『研究者』として”現実世界”で事件解決に挑んでいただくシナリオです。

ゲーム終了後、『AIは笑う』に持っていくアイテムや情報を1つだけ選ぶことができます。

『AIは笑う』の経験者が何らかのアイテムや情報をこの『研究者は笑わない』に持ち込んでいた場合、それによってシナリオが良い方向にも悪い方向にも変化する可能性があります。

暮色迫るその時、社会の命運はあなたたち研究者にかかっています。最後まで抗って、足掻いて、思考を巡らせ、閃きにすがり、そして『成功』に貪欲になってください。

▼プレイ人数
・7名固定

▼プレイ時間
・4時間半程度

▼プレイ料金
・6,500円/1名

▼クレジット
作・演出:株式会社Gold Grace

▼会場
apri la porta (アプリラポルタ)
広島市中区八丁堀4-12第三京口門ビル301

▼注意事項
・ご予約人数が定員数に満たない場合は前日に公演中止のご連絡をさせていただきます。
・公演当日は開始15分前より受付を開始させていただきます。
・終了時間は内容や展開により前後する可能性がございます。
・キャンセルされる場合は、公演3日前までにご連絡をお願いします。
・当日キャンセルおよび無断キャンセルの場合、今後一切のご参加をお断りさせていただく場合がございます。
・公演3日前を過ぎた後、やむを得ない事情がある場合は082-569-7921または各種SNSのDMにてご連絡ください。

予約

このイベントは満席となりました。

予約カレンダーに戻る